Follow Us

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグ
Please reload

アーカイブ
Please reload

記事一覧

ZOOMなどでのオンライン法律相談

May 20, 2020

1/6
Please reload

特集記事
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

成年後見終了時の死後事務段取りに関するメモ

September 25, 2018

 

先だって当職の所属する東京弁護士会の高齢者障がい者委員会での部会の発表を聞いて具体的な死後事務について議論した。

成年後見は経験があっても,死後事務の具体的なところについては意外とみんな知らないものであり,後見事務には詳しいと慢心していた当職もまた新たな発見があった。後見は本当に奥が深いのである。

 

 

 

 

被後見人が死亡してしまった際の死後事務の段取りとしては一般的に,

1.家裁への死亡報告
2.終了登記申請
3.後見の計算
4.相続財産の引渡し

があると言われる。

権限が明確でなかったため,死後事務について近時若干の立法がなされているが,これらについてはネット上にいくらでも条文の解説があるから今回は割愛させていただき,大きな流れについて下記は検討したい。

 

まず,1番の家裁への死亡報告が重要で,ここで財産管理に関するその期の報告はどうするのか,いつやるのかについては実は明文がない。そこで,どうするのかが議論となった。

弁護士実務家に聞いてみるとそれぞれ違った時期に出すべき,あるいは出さないべきを言うのであるから面白い。

 

この点,理論的に考えると,原則としては財産管理報告自体「不要」である。亡くなった時点で後見事務は基本的に終了し,家庭裁判所も監督を終了するからである(家裁のサイトにも相続人が後見人だった場合には報告不要の旨の記載がある)。